先に見積もりを依頼する

オフィスの事務商品も回収できる

テレビ

事務所の移転や廃業のときには不用品がどうしてもでてしまいます。オフィスの粗大ゴミであると行政でも不用品回収できるものとできないものになります。貸しビルのテナントを借りて事務所にしている場合は、スケルトンの状態にしてビル管理会社に引き渡さなければなりませんので、当然オフィスの粗大ごみは処分していかなければならないです。それが民間の不用品回収業差であれば行政の回収で受付できないものも回収してもらうことができます。オフィスの家具や家電製品、なども回収してもらえます。また、産業廃棄物も行政では回収拒否ですが民間の回収業者であれば回収可能です。その他の什器や不要な在庫も不用品回収をしてもらうことができます。

回収にかかる料金について

不用品回収にかかる料金ですが、行政の場合、各市町村によって料金が異なるのと不用品の種類によっても料金が異なってきます。1点あたり安くて300円程度から科私有してもらうことができます。民間の回収業者に不用品回収を委託した場合ですが、行政と違って無料引取りをしてもらうこともできます。ただし、無料回収してもらうことができるのは、よほどキズや汚れがなく状態のいいものや家電製品にしても年式の比較的新しいものになります。それ以外は、回収料金がかかります。その回収料金は行政と違って一律ではなく、電子レンジも1点1000円であったり3000円で回収しますというように料金がことなります。事前に見積もりをしてから回収してもらうかどうかを決めることができます。